ようこそ・・・ 路地裏のステラ座、館長のにゃん太です。 好みの映画・ドラマを集めてみました 。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     ご訪問ありがとうございます。


(作品)

その日大阪が全停止した。
大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。

原作との違い

映画版では原作の世界観を再現する一方で、大きく3つの設定を改変した。これに伴い、OJOの実地検査に至る部分などがほとんどオリジナルエピソードとなっている。

原作では男性だった鳥居を女性(同時に名前を「鳥居忠子」)に、女性だった旭を男性にそれぞれ変更した。これはキャスティングの時点で、原作の旭の設定(ハーフで背の高い女性)に合う俳優がおらず、同時にその時点で新たに探すのが困難だった事が理由。
本作品の持つ現実とファンタジーの橋渡し的な役割を演じることができ、また鳥居の役柄が『鹿男』の藤原君と共通している(歴史に詳しい、主人公が置かれている状況を知らずに真相に迫るなど)部分があることで、藤原君を演じた綾瀬がキャスティングされた。なお、『鹿男』の原作では鳥居同様、藤原君も男性である。
大阪国の秘密は原作では男しか共有しておらず、女は秘密を知っていても男たちの活動を放任しているのに対し、映画では男女ともに知る公然の秘密とされ、女も「立ち上がる」シーンに関わっている。これにより、大阪国の人間が一堂に会する場面に鳥居や茶子が居合わせているほか、大阪城の異変に気付いている。ただし、女は「立ち上がる」に関わっているものの、男たちに合図を出してからは姿を隠すだけで、大阪国の人間が一堂に会する際に集まったのは男のみである(ただし鳥居や茶子の立ち入りが咎められないのを見る限り、いわゆる「女人禁制」ではない)。
大阪の全停止が、5月31日ではなく7月8日になっている。また、会計検査院の3人が大阪に来てから全停止するまでが、10日間から4日間に短縮されている。そのため、大阪国民が立ち上がるまでの過程・やり取りが簡略化され、大阪全停止のシーンも大阪市内のみの描写になっている。また、空堀商店街や空堀中学校でのエピソードが大幅に削られ、「ジャコ屋」こと島が登場しない。代わりに会計検査院の3人と大輔、茶子との絡みが増えている。

そのほかでは以下の相違がみられる。

OJOは財団法人とされたほか「大阪城趾整備機構」という仮の名称が付けられており、その経理を長曽我部が担当している。
大阪国の人間として子供が認められる年齢。原作では18歳だが、映画では元服の年である14歳。
「太閤」のメニューにモダン焼きが入っている。原作では幸一が「なにか違う」という曖昧な理由でメニューに入れていない。
原作では茶子が蜂須賀組事務所を襲撃するが、映画では蜂須賀の挑発を受けた末、大阪国民となった大輔が事務所を襲撃する。一方の茶子は先に襲撃を試みるが、タクシーで尾行してきた鳥居に止められた上に鳥居が勝手にタクシーに押し込めて現場を去ってしまい(しかもその後、茶子をホテルに軟禁・監視した)、その際の出来事から思いもよらぬ事態へと発展する。また、蜂須賀との後日談は描かれていない。
終盤の会計検査院と大阪国のやり取りが変更されている。府庁前の会談で、原作では真田に流れ弾が当たり松平が応急処置をするが、映画では松平が撃たれて病院に運ばれる。また日本国政府の関与が描かれていない。
松平の父親が元官僚ではなく、勤めていた会社が倒産して以降は無職。定職に就かず家でぐうたらしているだけで愛想を尽かした妻から離婚され、当時そんな父親に失望していた松平とも引き離される。その後、会計検査院に入り高給取りになった松平に金をせびるなどしたため、松平は父親への失望をより深めた。「元官僚」というのは松平が大学時代、周囲の人間の親が官僚や政治家、財閥のトップばかりという状況にコンプレックスを抱いた揚句、周囲から父親について問われた際に偽っていた嘘の経歴であり、死を控えた父親からの呼び出しにも、そして父親の死にも「今忙しい」と立ち会う事さえしなかった。
原作では松平は母親の姓であり、両親の離婚後、名乗ることになる。父親の姓は不明。映画では病床の父親のベッドに「松平 某(康か? 息子と合わせると元康になるが)」と記されたシーンがある。
松平の両親の出身地が原作ではともに大阪となっているが、映画では母親については言及されていない。
映画での松平は携帯電話を出先に、よく忘れる癖がある。余り好きではないらしい。
OJOへの実地検査は原作では三十五年間、一度も行われていないが、映画では三十五年前の記録だけがなく、前後はあることから、以降も形式上の検査は行われていたと思われる。
大阪府庁職員の名に「堀田」、OJOの理事の名に「直江」が使われている。原作には登場しないが、ともに大阪方の武将の姓である。


【視聴】

【Dailymotion】   【視聴】   

【FC2動画】     【視聴◯】   

【PandoraTV】    【視聴】   

【v56】       【視聴】   

【その他】      【視聴◯】   

【FLV・借り物】   【視聴◯】   



スマートフォン共用トップページはこちら
ステラ座

ランキング参加中です。クリックして頂けると喜びます♫↓
にほんブログ村 日本映画(邦画)
にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

またのお越しを心よりお待ち申し上げます(*^。^*)

免責事項

当サイトは個人的に各動画共有サイトへのURLをまとめているリンク集サイトです。著作権侵害の助長の意図はありません。管理人は各動画のアップロード、またはそれを推奨、援助することは一切行っておりません。動画・音声など著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。なお、動画のアップロードや削除、仕様などの質問は各動画共有サイトへ直接おねがいいたします。当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、管理者に責任は及ばないものとします。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekojyanaimon.blog.fc2.com/tb.php/566-7e34fd0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google PageRank?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。